previous arrow
next arrow
Slider

04 APR

Asakusa is pleased to announce an event and discussion with Berlin-based artist, Hito Steyerl, whose essay films and lecture performances analyse the circulation of images and the structural dilemmas of a global internet society. From found-footage to misused philosophical declarations, Steyerl amasses an eclectic array of sources, integrating unexpected windfalls from her research that effectively highlight and deepen the central narrative of each film.

Three films produced over the past decade will be screened at the event, including the most recent work shown at Sculpture Projects Münster (2017). The event will be followed by an artist talk and a Q+A session with the audience.

One of Steyerl's early films, November (2004) examines the ways in which images circulate beyond their original purposes, accumulating fictional meaning and becoming lost to their original subjects. Abstract (2012) is a two-channel video showing a scenario in which the violence of warfare and the violence of aesthetics become intertwined. The most recent, Robot Today (2016) is formed around a conversation with the Apple software "Siri" at a deserted ghost town. All constructive elements of these videos, from personal and international politics to military and aesthetic matters, eventually converge to one resounding question — how and why Steyer's old friend Andrea Wolf was killed in Kurdistan.

Introducing the artist as a theorist, the event is accompanied by a booklet that includes three essays by Steyerl in relation to the screened films: "The Institution of Critique" (2006), "The Uncertainty Principle of Documentarism: What is Documentarism?" (2008) and "How To Kill People: A Problem of Design" (2016).

Everyone is warmly welcome. We look forward to meeting you all at the event.

*"Hito Steyerl: Q+A" is organised as part of the overarching programme, "Asakusa Entertainments", a screening exhibition about the legacy of mass culture entertainment, accessed critically from a geopolitical viewpoint and as a reflection of Asakusa's multinational community.

Programme
19:00  Screening
            November (2004) 25 min.
            Abstract (2012) 7 min. 30 sec.
            Robots Today (2016) 8 min.
20:00  Artist Talk
21:00  Q&A
21:30  End

Guest: Hito Steyerl (artist)
Chair: Andrew Maerkle (writer / editor)
Translator: Kanoko Tamura (Art Translators Collective)

Organised by ASAKUSA Executive Committee
Supported by Taito City Office, Tokyo and Arts Council Tokyo

アサクサエンターテイメント後援団体 1
アサクサエンターテイメント後援団体 2
アサクサエンターテイメント後援団体 3
アサクサエンターテイメント後援団体 4

[ARTIST TALK / Q+A]

"Hito Steyerl: Q+A"
19:00-21:30, Wednesday, 4 April, 2018.
(The venue opens at 18:00)
ASAKUSA TOYOKAN
1-43-12, Asakusa, Taito, Tokyo 111-0032 Japan
+81-90-8346-3232 (Osaka's mob)

Free Entry     Max: 150 people
Booking from here. Please note that the event will be in both Japanese and English but that not all conversation will be translated to English



[ BOOKLET ]

Hito Steyerl "Selected Texts"
In relation to screened video works at this event, we are editing a booklet containing the following three texts by Hito Steyerl.
'The Institution of Critique' (2006) (Trans. by Tomoko Shimizu) / 'The Uncertainty Principle of Documentarism: What is Documentarism?' (2008) (Trans. by Toshikatsu Omori) / 'How To Kill People: A Problem of Design' (2016) (Trans. by Asakusa)

1,000 yen (incl. tax)    Limited 200 editions. In Japanese language only.
*Advance purchase from here. The booklet will be handed to you on the event day.

SUPPORT ASAKUSA

Hito Steyerl
Born 1966 in Munich. Lives and works in Berlin. Steyerl is a filmmaker and a writer. Her principal topics of interest are media, technology, and the global circulation of images. Steyerl studied at Japan Institute of the Moving Image with Shohei Imamura and Tatsuo Hara. She holds a PhD in Philosophy from the Academy of Fine Arts Vienna. She is currently a professor of New Media Art at the Berlin University of the Arts, where she co-founded the Research Center for Proxy Politics, together with Vera Tollmann and Boaz Levin .

Many of Steyerl's writings are available on the websites at → e-flux → eipcp

+++++++++++++++++++
NOW ON SHOW "Hello World―For the Post-Human Age"
10 February - 6 May, 2018
Contemporary Art Gallery, Art Tower Mito → Website
Curated by Junya Yamamine (Curator, Contemporary Art Center, Art Tower Mito)
How Not to be Seen: A Fucking Didactic Educational .MOV File (2013) by Hito Steyerl is currently exhibited.
+++++++++++++++++++

アサクサは、ベルリン在住のアーティスト ヒト・シュタイエルを招聘し、トークイベントを開催いたします。エッセードキュメンタリーやレクチャーパフォーマンスなどの手法によって、グローバルなインターネット社会におけるイメージの循環やその構造的な矛盾に鋭い分析を与えてきたシュタイエル。低画素の「貧しい」イメージから学術的な断章まで、幅広いリソースから繋ぎ出されたナラティブが、リアルな空想のなかで重層的に結び合う思考実験となって表れます。本イベントでは、昨年のミュンスター彫刻プロジェクトで発表した新作を含む3作(うち2作は、日本初公開)を上映し、アーティストとともに作品を解題、聴衆からの質疑に答えるQ&Aセッションを行います。

上映作品は、フィクショナルな意味を集めて循環する英雄のイメージを、10月革命後の季節の中に捉えた《ノーベンバー》(2004年)、軍事と美術における二つの暴力が絡み合う様子を2チャンネル映像で映し出す《アブストラクト》(2012年)、荒廃した町でiPhoneの「Siri」への問いかけが不確実な未来を予見する《ロボット・トゥデイ》(2016年)の3本。個人史から国際政治、テクノロジーから美学的地点へとアクロバティックに展開するこれらの作品は、シュタイエルの旧友がクルディスタンの政治抗争をめぐって命を落としたという一点の事実に向けられています。

また、本イベントで上映する作品に関連して選ばれた論考3篇を小冊子として作成し、テキストとイメージの展開する理論家としてのアーティストの側面に焦点を当てます。ドイツ語で出版されたシュタイエルの初期論考「ドキュメンタリーの不確定性原理:ドキュメンタリーとは何か」(2008年)、「批判の制度」(2006年)、「いかに人を殺すか:デザインの問題」(2016年)など、テキスト読解と作品上映の両方によって、この10年に渡るシュタイエルの一貫した考え方を追うプログラムとして、構成されています。

皆様のご参加を、お待ちいたしております。

プログラム
19:00  作品上映
          《ノーベンバー》(2004年) 25分
          《アブストラクト》(2012年) 7分30秒
          《ロボット・トゥデイ》(2016年) 8分
20:00  アーティストトーク
21:00  Q&A セッション
21:30  終了

ゲスト:ヒト・シュタイエル(アーティスト)
司会:アンドリュー・マークル(ライター / 編集者)
通訳:田村かのこ(Art Translators Collective)

*本プログラムは、浅草を中心とした大衆文化を地政学の視点から批評的に考察する映像祭「アサクサエンターテイメンツ」の一環として、企画されています。

主催:アサクサ実行委員会
助成:台東区芸術文化支援制度
   公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京

アサクサエンターテイメント後援団体 1
アサクサエンターテイメント後援団体 2
アサクサエンターテイメント後援団体 3
アサクサエンターテイメント後援団体 4

[ アーティストトークのお知らせ ]

タイトル:「ヒト・シュタイエル:Q&A」
日時:2018年4月4日(水) 19:00-21:30 開場 18:00
会場:浅草演芸ホール 東洋館
〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目43-12
お問い合わせ:090-8346-3232 (担当:大坂)

入場無料    定員150名 *日英通訳あり
*座席予約はこちらからお願いいたします。

本イベントはすでに定員に達したため、受付を締め切らせていただいております。空席が出た際に順次ご案内いたします。また空席待ちの状況については個別にメールにてお知らせいたします。→ウェイティングリストはこちら



[ 小冊子出版のお知らせ ]

ヒト・シュタイエル「論考撰」
本イベントにて上映される作品に関連し、ヒト・シュタイエルによる下記3本の論考訳を含む小冊子を制作中です。
「批判の制度」(2006年)(清水知子 訳)/「ドキュメンタリーの不確定性原理:ドキュメンタリーとは何か」(2008年)(大森俊克 訳)/「いかに人を殺すか:デザインの問題」(2016年)(アサクサ 訳)

一部 1,000円 (税込)    限定200部 日本語のみ
*事前購入はこちらからお願いいたします。イベント当日、ご入場時にお渡しいたします。

アサクサへのカンパに、皆様のご協力をお願いいたします。
SUPPORT アサクサ

ヒト・シュタイエル (Hito Steyerl)
1966年ミュンヘン生まれ、ベルリン在住。映像作家、ライター。映像史やメディア論を背景に、グローバルなイメージの流通や、インターネット以後の社会が孕む矛盾に踏み込んだ独自の分析を展開する。日本映画学校で今村昌平、原一男らに学んだ後、ウィーン美術アカデミーにて哲学の博士号を取得。現在、ベルリン芸術大学ニューメディア芸術学部教授。ヴェラ・トールマンとボアズ・レヴィンと共に代理政治研究センター(Research Center for Proxy Politics)を共同設立。

シュタイエルの論考は、下記のウェブサイトにて多数公開されています。→ e-flux → eipcp

+++++++++++++++++++
作品公開中
「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて」
2018年2月10日(土)~ 2018年5月6日(日)
水戸芸術館 現代美術ギャラリー → 公式ウェブサイトへ
企画:山峰潤也(水戸芸術館現代美術センター学芸員)
ヒト・シュタイエル作品《他人から身を隠す方法:ひどく説教じみた.MOVファイル》(2013年)が展示中です。
+++++++++++++++++++

  • PEOPLE

— Hito Steyerl
— Andrew Maerkle
— Tomoko Shimizu
— Toshikatsu Omori
— Kanoko Tamura

© 2015–2018 ASAKUSA Built by SPON!