previous arrow
next arrow
Slider

04 JUN - 02 JUL

Asakusa is delighted to announce the opening of an archival exhibition "Guy Debord - cartographie situationniste (dérive, psychogéographie, situations, cinéma)," curated in collaboration with Makoto Kinoshita - professor of French literature, and translator of Debord’s prolific writings.  

In 1950s, whilst a surge of mass consumption culture reshaped the city of Paris, Guy Debord and his friends embarked on a journey of dérive to articulate the emotional effects induced by modern urbanisation – a type of research largely dismissed by city planners – and produced serial maps of psychogéographie.

Debord’s playful investigations led him to create an artist’s book Mémoires (1959) – asserting itself as an act of détournement, as well as two mid-length cinemas that retraced his urban experience. A Hurlements en faveur de Sade already made in 1952 was a cinema without vision intended to sabotage the capacity of the media spectacle. After co-founding the Situationist International, Debord further developed his critique into La Société du spectacle (1973), a cinematic implementation of the “construction of situations”, which provided a theoretical foundation for his involvement in the May Uprising in 1968, Paris.

"The new beauty can only be a beauty of situation", said Debord (Introduction à une critique de la géographie urbaine, 1955). His actions and pro-ductions made with the principles of derive, psycho-géographie, détournement, and cinéma, are all ‘artworks’ realising this thought in concrete praxis.

The project is comprised of historical archival material and a presentation of Debord’s cinéma, documenting the political dimension of his time. It aims to present the key concepts of Debord’s cultural critiques as inscribed in today’s theoretical literature of the avant-garde, which are continuously influencing contemporary artists in the process of reworking social relations, cultural activism, and the performativity of urban space.

A vernissage will take place on the evening of June 3. We will be delighted if you could join us to honor this cultural revolutionary.

アサクサは、フランス文学研究者でドゥボールの翻訳者木下誠氏の協力により、『ギー・ドゥボール —シチュアシオニストの地図製作法(漂流、心理地理学、状況、映画)』展を開催します。

大量消費社会の到来によって都市の姿が変形されていった1950年代のパリで、ギー・ドゥボールは近代の都市計画において無視されてきた情動的効果を探求するため、仲間たちとともにパリを漂流し、その結果を一連の心理地理学的地図作品として製作します。

この50年代の冒険は、後に『回想録』という転用書物と二本の中編映画作品によって再現されるとともに、スペクタクルの社会への根源的批判としてすでに作成されていた映像なき映画『サドのための絶叫』、1960年代の新たな政治芸術活動シチュアシオニスト・インターナショナルの経験の中で獲得された「状況の構築」の理論を映画的に実践した『スペクタクルの社会』と、その政治的実践としての68年五月「革命」へとつがっていきます。

「新しい美は状況の美でしかありえない。」(『都市地理学批判序説』)ドゥボールの漂流も心理地理学的地図も転用も映画も、すべてはこの言葉を実践した「作品」として理解されうるでしょう。

本プロジェクトは、これらの「作品」を地図・書物の展示と映画の上映によって総体的に体験すること目指しています。ドゥボールの文化批判における基本戦略は、以後のアヴァンギャルド理論を決定づけ、都市空間における能動的行動と社会関係を探求する今日のアーティストにも、絶大な影響を与えています。

本展の開催にあたり、6月3日(土)の夜、ベルニサージュを行います。この文化と政治における革命家を称えるささやかな集いに、皆様のご参加をお待ちいたしております。

  • PEOPLE

— Guy Debord
— Makoto Kinoshita
— Asakusa

© 2015–2018 ASAKUSA Built by SPON!