ASAKUSA ENTERTAINMENTS アサクサエンターテイメンツ

With support by Taito City Office, Arts Council Tokyo

助成: 台東区芸術文化支援制度、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

FEB

18

-

MAR

04

ASAKUSA contemporary art space is pleased to invite its neighbours, friends, and visitors to the first annual screening exhibition about the legacy of mass culture entertainment, accessed critically from a geopolitical viewpoint and as a reflection of Asakusa's multinational community.

From Sci-Fi and new religions to investigative journalism, a range of mechanisms affecting belief and disbelief shape the forms of our thinking, cultures, and leisure industries, and lead us to question the art of governance in modern politics.

An exhibition catalog, consisting of excerpts from Michel Foucault's 1978 lecture "What is Critique?", introductions on each exhibited work and "The Art of Not Being Governed" (Asakusa), will be on sale soon.

ASAKUSA ENTERTAINMENTS
18 February - 4 March 2018
Mon - Fri 18:00 - 21:00 Sat & Sun 13:00-20:00

Access:
ASAKUSA | 1-6-16 Nishi-Asakusa, Taito, Tokyo
Entrance through the small alley between the garage and building construction.

アサクサエンターテイメント後援団体 1
アサクサエンターテイメント後援団体 2
アサクサエンターテイメント後援団体 3
アサクサエンターテイメント後援団体 4

Open Everyday!
Entrance: 500 yen
Possible queue for entry. Single ticket for multiple entries and open access to cinema room. Artist names in rder of screenings.

Programme A
Mon, Wed, Fri (2/23) 18:00 - 21:00
Dat & SUn 13:00 - 16:00
IM Heung-soon, Bukhansan (2015)
Korakrit Arunanondchai, Painting with history in a room filled with men with funny names (2017)
Trinh T. Minh-ha, Forgetting Vietnam (2015)
Anton Vidokle, Immortality and Resurrection for All! (2017)

Programme B
Tue, Thu, Fri (3/2) 18:00 - 21:00
Sat & Sun 17:00 - 20:00
Ming Wong, Windows On The World (Part 4) (2018)
Hito Steyerl, November (2004)
Mitsuo Sato / Kyoichi Yamaoka, Yama—Attack to Attack (1985)

Programme C
Played in Loon on Monitors
Yoshua Okón, Miasma(2017) Minouk Lim, International Calling Frequency (2011)

Access:
ASAKUSA | 1-6-16 Nishi-Asakusa, Taito, Tokyo
Entrance through the small alley between the garage and building construction.

アサクサは、浅草を訪れる国内外からの観光客および近隣住人を招き、大衆文化を地政学の視点から批評的に考察する映像祭「アサクサエンターテイメンツ」を開催いたします。SF、新興宗教からジャーナリズムまで、大衆に向け発し人々の考えを規定してきたの「文化」の歴史。観光地 浅草に寄り集まる多国籍な人々を背景に、近代政治における統治術の功罪を問いかけます。

本プログラムでは、英雄として命を落とした親友アンドレアの肖像をもとに、大衆メディアを分析するヒト・シュタイエル《ノーベンバー》(2004年)、1980年代、労働者の町 山谷における支配構造を暴き出した佐藤満夫 / 山岡強一《山谷ーやられたらやりかえせ》(1985年、協力:「山谷」制作上映委員会)、文化人類学者でありポストコロニアル論者として知られるトリン・T・ミンハ監督の新作《ベトナムを忘れること》(2015年)ほか、アサクサが厳選した9作品を紹介いたします。

会期中は、浅草郵便局の路面ショウウィンドウ、都営浅草線改札前の浅草シューズにもモニターを設置し、街頭上映を行っております。また、本展に関連して、思想家ミシェル・フーコーの統治論(講演録「批判とは何か?」)より一部抜粋訳に加え、各展示作品の解説、および「統治されないための芸術」(アサクサ)をまとめた小冊子を販売予定です。

皆様のお越しをお待ちいたしております。

主催:アサクサ実行委員会
助成:台東区芸術文化支援制度
   公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京
協力:「山谷」制作上映委員会
   浅草郵便局
   浅草シューズ(浅草地下街)


アサクサエンターテイメント後援団体 1
アサクサエンターテイメント後援団体 2
アサクサエンターテイメント後援団体 3
アサクサエンターテイメント後援団体 4

アサクサエンターテイメンツ
会期中毎日開催!

2018年2月18日(日)〜3月4日(日)
平日 18:00 - 21:00 土日 13:00-20:00
*開場は、上映時間の30分前となります。
入場料:500円(定員15名・会期中複数使用可・上映中出入り自由)
チケットは当日、会場にてお買い求めください。

Aプログラム
平日 月・水・金(2/23) 18:00 - 21:00
土日 13:00 - 16:00
イム・フンスン《北漢山》(2015年)
コラクリット・アルナーノンチャイ《おかしな名前の人たちが集まった部屋の中で歴史で絵を描く4》(2017年)
トリン・T・ミンハ《ベトナムを忘れること》(2015年)
アントン・ヴィドクル《全人類に不死と復活を!》(2017年)

Bプログラム
平日 火・木・金(3/2) 18:00 - 21:00
土日 17:00 - 20:00
ミン・ウォン《世界の窓(パート4)》(2018年)
ヒト・シュタイエル《ノーベンバー》(2004年)
佐藤満夫 / 山岡強一《山谷ーやられたらやりかえせ》(1985年)

Cプログラム
会期中常時モニター上映
ヨシュア・オコン《ミアスマ(汚染)》(2017年)
ミヌク・イム《国境を越え呼びかける周波数》(2011年)

*プログラム内は連続上映となっております。各作品の間に休憩はございませんこと、予めご了承ください。

アクセス:
アサクサ | 東京都台東区西浅草1-6-16
釜飯かづ至近 コーザイ車庫と工事現場の間の路地入る

ASAKUSA contemporary art space is pleased to invite its neighbours, friends, and visitors to the first annual screening exhibition about the legacy of mass culture entertainment, accessed critically from a geopolitical viewpoint and as a reflection of Asakusa's multinational community.

From Sci-Fi and new religions to investigative journalism, a range of mechanisms affecting belief and disbelief shape the forms of our thinking, cultures, and leisure industries, and lead us to question the art of governance in modern politics.

アサクサエンターテイメント後援団体 1
アサクサエンターテイメント後援団体 2
アサクサエンターテイメント後援団体 3
アサクサエンターテイメント後援団体 4

アサクサは、浅草を訪れる国内外からの観光客および近隣住人を招き、大衆文化を地政学の視点から批評的に考察する映像祭「アサクサエンターテイメンツ」を開催いたします。SF、新興宗教からジャーナリズムまで、大衆に向け発し人々の考えを規定してきたの「文化」の歴史。観光地 浅草に寄り集まる多国籍な人々を背景に、近代政治における統治術の功罪を問いかけます。

本プログラムでは、英雄として命を落とした親友アンドレアの肖像をもとに、大衆メディアを分析するヒト・シュタイエル《ノーベンバー》(2004年)、1980年代、労働者の町 山谷における支配構造を暴き出した佐藤満夫 / 山岡強一《山谷ーやられたらやりかえせ》(1985年、協力:「山谷」制作上映委員会)、文化人類学者でありポストコロニアル論者として知られるトリン・T・ミンハ監督の新作《ベトナムを忘れること》(2015年)ほか、アサクサが厳選した9作品を紹介いたします。

会期中は、浅草郵便局の路面ショウウィンドウ、都営浅草線改札前の浅草シューズにもモニターを設置し、街頭上映を行っております。また、本展に関連して、思想家ミシェル・フーコーの統治論(講演録「批判とは何か?」)より一部抜粋訳に加え、各展示作品の解説、および「統治されないための芸術」(アサクサ)をまとめた小冊子を販売予定です。

皆様のお越しをお待ちいたしております。

主催:アサクサ実行委員会
助成:台東区芸術文化支援制度
   公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京
協力:「山谷」制作上映委員会
   浅草郵便局
   浅草シューズ(浅草地下街)


アサクサエンターテイメント後援団体 1
アサクサエンターテイメント後援団体 2
アサクサエンターテイメント後援団体 3
アサクサエンターテイメント後援団体 4

ASAKUSA ENTERTAINMENTS

ASAKUSA ENTERTAINMENTS

Asakusa is housed in a small residential property built in 1965 in Asakusa, one of the Tokyo’s most bustling tourist districts, and is located steps away from busy streets in a secluded area where 20 households live side-to-side and back-to-back, forming a discreet colony. The renovation project took place in early 2015 in collaboration with architect Kosaku Matsumoto (Blue Architects, Zurich) and curator Koichiro Osaka (SCAI The Bathhouse, Tokyo).

During three months of an onsite residency, Matsumoto and Osaka engaged in day-to-day discussion and construction, constantly reworking the spatial design in life-size scale of 1/1. The use of architectural drawings and scale models were abandoned as they extracted elements intrinsically linked to the neighborhood. While ensuring direct and continual access to building materials, the project sought to evoke the participants’ response to existing features as the house was being dismantled, and articulate a process of reconstruction where each segment becomes a realization of conceived dialogue. Suggesting how the formation of mutual consensus itself becomes an aim of the architectural project, the project also poses a hypothetical question on wholeness and segments: How is it possible to avoid conceptual reductionism and suspend wholeness in a reflective state through external effects? As the house is lived and performed, it acts as a responsive medium active in relation to the surroundings.

This project stems from a small conversation on the Graham Harman’s short text, The Third Table published through dOCUMENTA (13), and his discourse on the object-oriented philosophy.

Gen Adachi / Khalid Albaih / Serafín Álvarez / Aoyama | Meguro Gallery / ARCUS / Masaru Araki, Okayama University / Taka Atsugi / Oliver Beer / Pauline Boudry, Renate Lorenz / Federica Buzzi / Yin-Ju Chen / Daiwa Anglo-Japanese Foundation / Guy Debord / Vincent W.J. van Gerven Oei / James T. Hong / IM Heung-soon / Thomas Hirshhorn / Mikhail Karikis /Kawakami Laboratory / Makoto Kinoshita / Yuki Kobayashi / Lawrence Lek / Matthieu Lelièvre / LUX / Tomoyoshi Murayama / Akiyoshi Nita / Yen Noh / Eiji Oguma, Keio University / Tatsuo Okada / Toki Okamoto / Yoshua Okón / Yoko Ono / Koichiro Osaka / The Otolith Group / Luke Caspar Pearson / Raymond Pettibon / Prokino / Sanya Labour Welfare Hall Action Committee / Sanya Production and Screening Committee / Mateusz Sapija / Mitsuo Sato / SCAI The Bathhouse / Tomoko Shimizu / Santiago Sierra / Kristin Surak / Swiss Embassy, Tokyo / Rirkrit Tiravanija / Anton Vidokle / Kyoichi Yamaoka / Masamu Yanase / Héctor Zamora and more.

Current project members:
Koichiro Osaka, Mariko Mikami, Akiyoshi Nita

Director:
Koichiro Osaka